中庸

裸の心で書くブログ

俺をどこかに所属させてくれ

そうなんだ。俺は居場所に飢えている。職場以外に、俺を俺として受けて入れてくれるナニカが欲しい。そもそもブログを書いているのだって、電脳空間上の自己のパーソナルスペースを作りたいという思惑が合ってのことなのだ。

しかしまあ、まだまだ開設したばかりということもあるのだろうが、相変わらずPV数が増えないのが若干辛いところ。いやまあ、別にPVのために文章書いている訳ではないのだけれども、やっぱり文章を書く以上はできるだけ沢山の人に読んでもらいたいなあって思いはそりゃ人並みには持っている。なにもそこまで「人気ブロガーなりたい!」とかそういうんじゃなくて、今の状態はちょっと、さすがに過疎なので。

とはいえ、本当にPVに困っているのであれば本来はこのシンプルすぎるレイアウトを改善したり意味もないのに無駄に長ったらしい文体を変えたり、見出しとか写真の力を借りて視覚的にも優しい構成を目指すべきなのだろうが、あいにくそれは結構面倒な作業なので不採用である。んで、俺の中のPVにかける思いというのは所詮はその程度というのが現状だ。何よりもまず、自分がストレスなく思った通りにだらだらを文章を書けるというのが一番重要なことで、それに付随してコメント貰ったりPV増えたりとか、そういうのが自分にとっての理想なのだと思う。多くの人に見てもらうのは嬉しいが、それは俺にとっては最終目標ではないのだ。

 

所属について話を展開してみよう。さて、現代というのは昔と比べて様々な場所に「所属」しやすくなったものだと思う。一昔前の人たちは居場所といえば「家庭」「職場」くらいしかなかったと思うのだが、今はSNSを始めればそれ自体が居場所になるし、あるいはSNSを通じて同好の士と出会うことが容易でもある。人によってはリアルとは別の人格をネット上で持っていたりして、何かしらの活動を通じて居場所を持っている人もいるだろうと思う。そんで、俺はそれがすごく羨ましい。個人的にはSNSなにもやってないし。ツイッターなんかは完全にやるタイミングを逃してしまった感がある。時折ネット上でSSとか書くこともあるが、別にトリップとかつけてないので匿名だし。だからその、こう、コテハンとかそういうのがすごく欲しいんです。でもそういうのって何らかの活動をしていないとちょっとねえ。コテだけあるってのも変だし。と、最近はそういうことをぐるんぐるん考えていて、SS書くにもトリップ付け始めたり、小説もなろうみたいな作者のIDが出るところで書いてみたりしている。あと暇な時間にはブログも書いている訳だし。そういう意味では俺は居場所を確保するために文章を書いているのかもしれない。これが絵書ける人ならPixivとか使うだろうし、喋りが上手い人なら配信したりして居場所を作っているのだろう。んで俺の場合そういう強みが全くなく、普通の人よりちょっとでも戦っていける分野というのが書くという行為くらいしか無い訳なので、マズローの5段欲求でいうところの承認欲求を満たすためにはただただ書き続けるしかないという訳だ。

しかしまあそれにしたって、駄文をだらだら書きつづっていても、そりゃ一部の物好きを除いたらそんなに楽しいもんでもなかろうて。という訳で、少しは読者から見て「面白い」文章を書くというのがあえていえば今後の俺の目標になるのかもしれない。

 

それにしても、俺が学生時代の頃のネットは2ちゃんねるが今よりももっと賑わいがあって、そんで2ちゃんねるではコテハンというのが蛇蝎の如く嫌われていた訳で。10年もするとネットって随分変わるんだなって思った次第。