中庸

裸の心で書くブログ

千葉ロッテマリーンズ2016シーズンの展望を語る

吾輩はロッテファンである。出身は千葉ではない。

 

さて、先週の金曜についに待ちに待ったプロ野球の開幕戦が行われ、現在各チーム4試合を消費している。俺が応援している千葉ロッテは現在3勝1敗の貯金2で、パリーグのトップに位置している。やったぜ。まあ数シーズン追っかけた経験のある野球ファンならば、この時期の順位表や打撃ランキングに何の意味もないということは分かっていると思うのだけれど。

しかし、今年のロッテは中々やると思う。まず、先発ローテーションがそこそこ揃っている。昨季15勝で最多勝の涌井、二年連続二桁勝利の石川の二人を筆頭に、大嶺、スタンリッジあたりの一年通して計算が出来るピッチャーが続く。そして残りの二枠を巡って二木、古谷、チェン、イデウンあたりが競う状態にある。個人的には昨季急激に力を付けてきた二木、俺の好みの大きなスライダーを持つ左腕のチェンあたりに頑張ってもらいたいと思っているのだが。

後ろのピッチャーもコマがそろっている。ていうかもしかしたらソフトバンクと並んで12球団屈指のリリーフ陣かもしれない。昨季クローザーで34セーブの西野、32ホールドの大谷に加え、圧倒的な投球ながら普段は故障がちで中々投げられない内も今シーズンは開幕から一軍に帯同している。ともに新人の年に大活躍した益田と松永は昨年は持っている能力からすると不甲斐ない成績に終わったものの今シーズンは投球内容が素晴らしいし、ロングリリーフでは昨季リリーフだと防御率一点台の藤岡がいる(まあ欲を言えば藤岡は表ローテに入って欲しいんだけど……)。助っ人外国人に頼らずここまで後が充実しているのは心強い限りである。

打線もなかなか良い。クルーズと今江が抜けた穴は正直小さいといったら嘘になるが、しかし二人とも攻守に渡ってチームの核であったことは間違いないが代替がきかないという訳でもなく、実際、三塁と二塁のスタメンを巡って若手の台頭が著しい。高濱、細谷、三木あたりが候補になるだろうか。個人的には高濱に期待。オープン戦で打った特大ホームランでファンになってしまったので。ファーストにはアジャこと井上がいる。ルーキー開幕4番を任された2014シーズンは結局攻略されて全然打てなかったのだが、今シーズンは開幕4試合で4打点を挙げる活躍をしている。それも大谷から決勝点となるタイムリー二塁打を打つなど、かなり内容が伴っている。あと個人的には鈴木大地も期待している。オープン戦では首位打者を獲得し、今日も2ホームランの大活躍。今シーズンは自身初のシーズン3割を達成してほしいし、7番に座る鈴木が3割を打てばかなり恐ろしい打線になるのではないか。他にも、今シーズンからバットを長く持ち始め打棒爆発中の岡田、実弾所持により開幕から1か月は出場停止だがオープン戦で強烈なインパクトを残したナバーロ、昨年同様活躍が確実視される清田、デスパイネ、角中のクリーンナップなど、今年のマリンガン打線はかなり強力だと思う。あとは田村が2割5分でいいから打ってくれればなあ……

 

そんなこんなで今年のロッテは久々に優勝が期待できる年。是非とも頑張ってもらいたいものである。