中庸

裸の心で書くブログ

寝る前の妄想

寝る前に妄想をするというのが小学生時代から今日に至るまで変わらない俺の日課となっている。妄想の内容というのは、まあ世界観のバリエーションは無駄に豊富なのだが、大体は異能力モノのロウファンタジーである。ロウファンタジーという単語に馴染みの薄い人も多いかもしれないが、これはようするに「ほんの少し現実と違うだけのファンタジー」ということになる。ラノベで言うと禁書とかブギーポップ、漫画で言うとワールドトリガー、アニメで言うとまどマギあたりがこの分類に当てはまると考えてもらって問題ない。ロウファンタジーの魅力は、基本的には現実の社会と変わらない設定なので物語への没入感を得られつつ、その一方で非日常感も得られるという点にあると思われる。対義語にはハイファンタジーがあり、最近やたらとアニメ化が決まっているなろうの異世界転移モノなんかは完全にこれである。エルフや猫耳娘といちゃいちゃしたかったり魔獣の肉の串焼きにガブつきたかったり冒険者ギルドで無双したい人はこっちがオススメだ。そんで、とあるシリーズの全盛期は全体的にロウファンタジー作品が多かった気がするが、最近はなろう作品のアニメ化の連発により再びハイファンタジーが増えてきた気がしないでもない。

話を戻す。俺は寝る前に妄想をするのが日課であり、その内容はだいたいが異能力モノのロウファンタジーというところまで話したと思う。で、この異能力というのがミソであり、どのようにして異能力を発現したか、という理由付けによって世界観がさらに細分化されるのだ。最近のマイブームは薬品投与による発現である。特殊な薬品を投与することにより、殆どの人間は耐性を得ることが出来ず死んでしまうが、極一部の選ばれし人間(つまり俺)が薬による致死状態から蘇り、そうして異能のチカラを得るという展開が熱い(そこブラックキャットとか言わない)。そしてその後、俺は普通の学生生活を送る一方で裏では闇の組織に属し戦闘を繰り広げる日々を送るものの、段々と擦り切れていく己の心に気付き始め、自らにとっての正義を再定義せんと悩み始める矢先にヒロインと邂逅、そうして自らの過ちに気付いた俺は過去を清算するため本当の正義を探し求めていく、というのがだいたいのプロットである。大概の場合、ヒロインが主人公よりも精神的にも能力的にも強いというのが俺の中で結構定番の展開である。つまりは戦う女の子が好きなのだ。ショートカットで身軽で猫みたいに俊敏な子がヒロインであることが多い。そんで、俺はその子とツーマンセルを組みつつどちらかというと援護型として裏の世界にその名を轟かせていく……という感じ。

まあ能力の発現については他にも色々と設定があり、例えば「ある日突然全国に謎の塔が立ち始め、半径1キロ以内の人間に何らかの異能力を確認」だの「古来から選ばれし血統の人間にのみ能力が発現し、俺の本当の両親は第一線の能力者だった」とかそういう感じである。んで大体物語の序盤でヒロインが現れ、二人で世界の「歪み」と闘っていく……というのはだいたい変わらない。

そんで、こんな妄想をもう十数年も繰り広げている訳で、我ながら相変わらず中二病だなあと呆れる一方なのだが、一方でこの習慣はもはや意識的に矯正するレベルはとうに超えているので、あと10年経ってもこういう妄想を繰り広げている気がする。俺に出来ることはこれらの妄想を出来るだけ物語として昇華するだけなのである。

 

 

こういう中二的妄想を飛鳥と蘭子と一緒に3人でwktk語りたいだけの人生だった。